全身脱毛と日焼けの関係は?

 

エステサロンやクリニックで全身脱毛を行うと全身のムダ毛の悩みから解放され、美しい肌を得ることができますよね。

 

水着などの肌の露出の多いファッションも安心して着用できるようになり、コンプレックスからも解放されるので、よりおしゃれが楽しめたり、自信を持てるなど多くのメリットがあります!

 

エステサロンやクリニックで施術を受ける前にはカウンセリングが行われることが一般的ですが、このときに施術内容の説明やおすすめのコースなどの案内があります。

 

そして、施術の際の注意事項も伝えられますが、この時には日焼けに気をつけるようにと言われた経験のある人も多いのではないでしょうか?

 

まず、現在行われている脱毛はレーザーや特殊な光を利用し、毛根の黒い部分に反応させるものとなっています。

 

そのため、ほくろやタトゥーのある部分の施術も避けられています。

 

日焼けで肌が黒くなってしまうと施術の効果が得にくくなりますし、火傷などの肌トラブルのリスクも高まります。

 

さらに日焼けは肌の乾燥も招きますので、痛みをより強く感じやすくなってしまいます。

 

日焼けしてしまった場合は、肌の状態が落ち着くまで施術が中断されることが多いので、その分、全身脱毛の完了も遅れてしまうこととなります。

 

最近は肌の色にかかわらず施術が行えるマシンもありますが、それでも無防備に焼いて良いというわけではありませんので、施術期間中は日焼けなどの肌トラブルは避けるようにし、肌を良い状態に保っておくことが大切です。